« 補足 分譲、の疑問 | トップページ | 補足 以前からの疑問 »

2015年9月 7日 (月)

補足 住みたくない、の本音

 評価の前提は一つではないと思う。最初から、投資用に考える人も
いれば、事務所、仕事場に考える人もいるはずだ。しかし、ここでは、住む、
を前提にしたい。
 さて、管理人からの評価を集めたら、とにかくバラバラで収拾が付かなく
なるかも知れない。住みたい、住みたくない、のどちらの場合でも、人によ
って先ず基準が違うはずだ。つまり、前提が人によって違うから、住みたい、
という言葉は同じでも、理由は全く違うかも知れない。
 いずれにしろ、住みたい、は肯定で、住みたくない、は否定と考えるが、
まずは、住みたくない、から始めよう。
 言うまでもないが、住みたくない、の基準も人によって違う。住みたいか
どうか訊かれたとき、すぐ頭に浮かぶのは何か、である。そのときたまたま
浮かんだことかも知れない。10分前のトラブルの為に、とっさに、もう嫌
だ、と返事してしまったかも知れない。反射的な評価でも構わないと思うが、
落ち着いているときなら、そこの管理人は、そのマンションのどこを一番気
にしているか、なのである。そしてそれでも、完全に個人的な感情であろう。
つまり、客観性など全く無いと言って良い。だから、管理人が変われば、見
るところ、感じるところも違ってくるはずだ。
 しかし、完全に、個人的、感情的だからこそ、その評価に意味があると考
えるべきだ。居住者がそのマンションを選んだ理由だって、居住者毎に異な
っているはずだ。
 それでは、どうして住みたくない、と感じるのか。その言葉の裏、実はそ
れが情報なのだが、そこまでデータとして収集するのは至難の業だ。何より
も、感覚、要するに直感的な判断だからだ。本人だって自覚してないかもし
れない。少なくとも、理屈として考えているわけではないだろう。
 最初に、住みたくない理由として煩わしさをあげたが、それは管理人特有
のものとして一応別にすれば、やはり、住む、と言うことへのこだわりだ。
生活は出来る、でも、最後まで住むことは出来ない、と言えば良いだろうか。
管理費が払えなくなれば住めない、と言うことだ。
 毎月、年金以外に収入がなくなったときの心細さは、そのときにならない
と、経験しないと分からないだろう。だから、若い世代の入居者は考えたこ
ともないし、予測して貰うことも無理だ。しかし、実感として分かるとき、
もう打つ手はない。そうなっても、マンションに住めるか、である。
 賃貸も家賃払えなくなれば住み続けられなくなるという意味では同じだが、
家賃の安いところを探すという手が無くはない。
 まあ、最後、そして最期を考えると大差なさそうだが、マンションの場合
は、要するに集合住居特有の問題があり、それがイザと言うとき決定的な障
害になるような気がするからである。
 別な言い方をするなら、住みたくない、と感じるのは、自分が、高年、い
や、老人世代に成って居るからだ。


にほんブログ村 住まいブログ マンション管理へ

« 補足 分譲、の疑問 | トップページ | 補足 以前からの疑問 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1440548/61500345

この記事へのトラックバック一覧です: 補足 住みたくない、の本音:

« 補足 分譲、の疑問 | トップページ | 補足 以前からの疑問 »