« 補足 火事・・ | トップページ | 補足 境は壁だけ »

2015年8月 7日 (金)

補足 最後の問題

 

そろそろ最後の問題に進みたいと思う。
 それは、評価、の問題だ。
 評価というと、客観性が問われると思う。しかし、マンションについて、
客観性というものは不可能、あり得ない、と言うのが、当ブログの前提だ。
客観性があるものの例として、マンションの価格を考える人もいるかも知れ
ないが、根拠が明示されていないのだから、客観性はない。
 新規分譲であれば、建設費の総額は分かっても、その部屋だけの費用は算
定不可能。場所、その他によってイメージ出来る金額に過ぎない。簡単に言
えば、売れる値段かどうか、だけである。中古となれば、買ってくれるかな、
以上の基準はあり得ない。
 つまり、価格からして主観的なものだ。まあそんなものかな、と思う人が
多いか少ないか、だけが基準、と言っても良い。
 と言うことになれば、好き嫌いという個人的な感覚も、十分意味があるわ
けだ。要するに、同意してくれる人が多いか少ないか、だけだから。
 前置きはそのくらいにして、具体的に管理人として勤務している人の判断
を見てゆこう。管理人の仕事に関係するものと、個人的な印象の場合とでは、
見ることや見方が違うかも知れないが、客観、等と言うことはあり得ないの
だから、管理人の話についても意味の違いはさしあたり無視で良いはずだ。
 では、先ず管理人に聞いてみたいのはどんなことか。これも順不同で構わ
ない。管理人の話が、情報としてどの程度価値あるいは意味があるのか判断
するのは受け手だから、送り手としての管理人は言いたいことだけ言ってて
良いのだ。
 まず、管理人として勤務している現場のマンションに、自分も住んでみた
いと思うか、と言うことから始めて見たい。
 たぶん、管理人自身の住まいが、マンションなのか戸建てなのか、で二分
されるかも知れない。自宅もマンションなら、当然全てを比較しているはず
だ。管理人の仕事も見ているだろう。そうなると、戸建てから通勤している
管理人とは話しがかみ合わないかも知れない。もちろん、自分のマンション
と比較している分、客観的と見えるかも知れない。しかし。イザ仕事が始ま
れば、そんな事考えている余裕はないのが現実だ。
 対して、戸建ての人は、先入観がないだけに、これまた客観的に見るとも
言えるが、比較の対象がないだけ、より主観的とも言える。要するに、主観、
客観なんてその程度の違いだ。
 見習い人は戸建てからの通勤だが、やはり戸建てから通勤している担当と、
マンションにはすみたくないね、と意見は一致した。以下、そこから始めてゆ
きたいと思う。


にほんブログ村 住まいブログ マンション管理へ

« 補足 火事・・ | トップページ | 補足 境は壁だけ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1440548/61065393

この記事へのトラックバック一覧です: 補足 最後の問題:

« 補足 火事・・ | トップページ | 補足 境は壁だけ »