« 190 孤独はプラス | トップページ | 192 日報は日報 »

2014年12月14日 (日)

191 ストレスと体力

さてさて、ゴミ処理の問題を例にして、ストレスと体力の問題について
もう少し触れておきたい。
 まず、勤務時間は決まっている。だから、残業するのならともかく、ゴ
ミ関係の作業に時間を取られると、一日の作業として決められていること
が全部出来なくなる可能性がある。そういうときは、時間を気にしながら、
イライラしながら必死に作業するのがほとんどの人であろう。そして、首
尾良く終わって帰るわけだが、そういう日はかなり疲れるはずだ。
 言うまでもないだろうが、当ブログは、そういう考え方ではない。出来
なかったものは出来なかったと言うだけ。単純である。
 そう言い切る根拠は、作業レベルである。つまり、時間に追われての手
抜きはしない、と言うことだ。全部出来なかったけれど、終わった作業に
ついては、いつも通り自分でも納得行くレベルできちんと終わらせた、と
説明できる。出来なかった作業については翌日に回しただけ。つねに、明
日、という日がある。明日、キチンとやれば何の不都合もないのだ。しつ
こく言えば、管理人の休日は何の作業も行われない。管見の範囲では、管
理人が365日清掃するマンションはない。つまり、清掃しない日が、最
初からある。それが割り切りの根拠である。
 具体的な実例で言うと、正月明けのゴミ庫。年末年始は収集がないから、
どのマンションのゴミ庫も満杯であろう。従って、その日はゴミ庫の作業
だけで、廊下の清掃やガラス拭き、巡回、全てしない。
 そう決めれば、早くキリつけて次に何を、等とイライラしながら、と言
うことはなくなるだろう。
 また、ゴミの量は、出した居住者が一番知っているから、今日はゴミ庫
の整頓しか出来なかった、と言っても、文句を言う居住者は居ない。よう
は、誰も文句を言わないのに、自分だけが、すべての作業を終わらせ、完
璧にやろうとイライラしているだけかも知れないではないか、なのだ。そ
の日は作業としては一つだけと割り切り、疲れはあるにしても、ほどほど
で済むことを目指すべきなのだ。
 年始は特別としても、日常も同じだ。極論をいえば、緊急事態、重大事
故が起きても、全ての作業をすべきなのか、出来るのか、なのだ。
 もちろん、全部やりました。でも時間が無かったので適当に流しました、
というやり方もあり得る。どちらの方式にするかは、自分の考え、体力と
の相談かも知れない。
 念のために言えば、日報の問題が残るかも知れない。それも、日報につ
いて自分がどう考えるか、次第だ。既に詳しく触れたように、当ブログの
考え方は、管理会社が望むような書類を作るだけ、である。つまり、常に、
全ての作業は実施、終了、と言う報告だ。なぜなら、そういう報告を、管
理会社や管理組合は望んでいるからだ。現実は現実、報告は報告。



にほんブログ村 住まいブログ マンション管理へ

« 190 孤独はプラス | トップページ | 192 日報は日報 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1440548/58262379

この記事へのトラックバック一覧です: 191 ストレスと体力:

« 190 孤独はプラス | トップページ | 192 日報は日報 »