« 177 巡回レベルの前提 | トップページ | 179 まとめの前に・・ »

2014年9月 7日 (日)

178 巡回、の着地点

 巡回、の問題は、最終的にどこに行き着くのであろうか。実はかんたん
なことで、カネ、でしかない。つまり、修繕積立金のことである。
 使い道に困るほど積立金が有り余っている、という管理組合は、絶対に
あり得ないだろう。それはともかく、巡回の終点は積立金、と分かれば、
管理人のレベルの話ではないことはいうまでもない。
 補修にはカネがかかるのは誰でも分かることだ。では、早く報告して早
く補修すれば安く上がるのか。実は、これはウソである。ウソ、と言って
は言い過ぎなら、根拠のない責任逃れ、と言い換えても良い。
 例えば、壁に長さ1メートルの亀裂があり、補修に5万かかったと仮定
してみよう。では、亀裂が10センチの時に補修したらどうなるか。亀裂
が10分の一だから、費用も10分の一になるか。出張費として1万取ら
れるのが珍しくない時代に、材料、手間、駐車代もふくめて、10分の一
の5千円で補修する業者は居るだろうか。
 あるいは、3年前にポンプを交換していたら、費用は半分になるか。小
型化高性能化の技術レベルは進歩が早い。3年前に、今のポンプと同じ能
力のモノを手当てしたら、費用は今の倍で足りるどうか。もっと早く知ら
せてくれたら、ではない。技術レベルの話は、管理人には無縁なレベルの
話だが、もしそういう愚痴を聞かされたら、言う人の無知を腹の底で笑っ
てやれば良い。
 劣化や不具合が見つかる毎に補修していたら、熱心な管理組合、理事長
と感謝されるだろうか。積立金の使いすぎと非難されるのではないか。よ
うするに、先送り、こそが正しい対応なのである。そして壊れるまで待つ
のがベスト。ポンプが壊れて水が出なくなれば、修理に反対する人は居な
い。議論の手間が省けて効率的ではないか。まさか、水が出なくてもガマ
ンする、という人は居ないだろう。
 それは余談としても、最終的にカネに直結するからこそ、管理、つまり
巡回が重要なのである。
 ただし、ここでまたまた脱線するが、重要ということと、きちんと実行
されているかと言うことは、結びつかないのが世の中だ。東電、役所、い
や、管理会社、管理組合、いや、自分の生活だってそうだ。人間とはそう
なのだ。繰り返すが、だからこそ、先送り、が正しいのだ。
 巡回は重要、というのは、建物にとってであって、自分にとってではな
い。ここがポイントだ。建物は、居住者のモノと言うことになって居る。
ただし、居住者みんなのモノ、と言うことは、誰のモノでもないことにな
る。ここのからくりだけ忘れなければ良い。先送りのために、こまめな報
告は必要なのか。答えは、YESであると同時にNOである。そしてその
不思議さこそが、管理人の、巡回のポイントなのである。



にほんブログ村 住まいブログ マンション管理へ

« 177 巡回レベルの前提 | トップページ | 179 まとめの前に・・ »

コメント

分電盤のページから気になって質問をする次第です。

2件掛け持ちでやっているのですが(ほぼ両方清掃)、

1件は販売賃貸元+管理会社+(以下、自分の会社)定期清掃+内装清掃業者等+巡回員+担当+管理員(自分ほぼ清掃)がいる建物。

もう1件が販売賃貸元+管理会社+(以下、自分の会社)定期清掃+内装清掃業者等+管理員(自分ほぼ清掃)

ここで勤務当初、清掃中、疑問に思ったのが「(巡回員もいない?)」
どうも会社に問い合わせても担当が不在。
毎度「今、◯◯は出てまして・・・」

くもりか何かの天候の悪い日に暗くなった時、建物が本来であれば自動点灯しなければいけない時に、
電球が付かない箇所が随分ある。
意図的なのかと思ってたのですが、どう考えても真っ暗な階もあるし・・・。

そこで思い切って夜中、そこの建物を見に行った時に、
「(やはり暗い箇所が何個もあるし・・・。)」

省略

分電盤に共用部のスイッチがあり、それを下げただけで(上げる?)廊下の全電球が点灯するのは知っている、昨日は勤務時間外にそこの建物を見に行って電球替えをしたくらい・・・。

分電盤のカギなんかもらってないし、毎度勤務時間外に行くのもどうなんだろうと。

しかも、勤務時間が午前8時~午前10時で常駐員ではないのに常駐員に定期的思われるし。

分電盤のカギってもらえるんですか?


見習い人の現場では、分電盤の鍵は管理室にあります。
全ての現場がそうなのかどうかはわかりませんが。
共用部の点灯タイマー、共用部分電盤、MDFは
管理室とは別の所ですが、そこの鍵も管理室にあります。

追記 たまたまかも知れませんが、鍵はあるし、
タイマーの操作もできるので、 点灯時間の変更
は随時やっています。 ただし、委託契約では年
4回となって居ますが、気にせず、場所毎に変更サイクルも
変えてやっています。管球交換もやっています。

なお、委託された業者が建築設備の点検をしますが、
そのとき、切れている管球は全部取り替えますので、
居住者からの苦情が無い限り、多少遅れても気に
しないことにしています。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1440548/57299272

この記事へのトラックバック一覧です: 178 巡回、の着地点:

« 177 巡回レベルの前提 | トップページ | 179 まとめの前に・・ »