« 156 基準はリスク | トップページ | 158 管理人の巡回  »

2014年3月28日 (金)

157 巡回の場所

具体的な巡回だが、当ブログが前提としているような、世帯数60前後の規
模では、廊下、階段を上から下まで歩くだけなら、15分程度ではないか。
外回り、エントランスといっても、面している道路は一つではないかと思う。
そういう立地では、巡回というほどの外周はないのではないかとおもう。も
ちろん、速く歩けばよいというものではないから、実際はもう少し時間はか
かるかも知れないが。
 巡回点検の対象は、マンションの構造や、管理会社の考え(管理委託契約
の内容)によって、一律では無いと思う。電気室の中を見ることは先ず無い
だろう。屋上はどうか。出入り口は施錠されているはず。鍵は当然管理室に
保管されている訳だが、巡回時に常に屋上も見回りすることになっているか
どうか、現場次第だろう。地下あるいは廊下の下のポンプ類はどうか。たぶ
ん、点検口を開けて降りることは要求されてないかも知れない。駐車場、駐
車設備もなければ、当然、それらまわりの巡回もない。
 そうすると、どのマンションでも必ず、という場所はどこか。要するに廊
下と階段と、つまり通路だけになる。したがって、それを前提に巡回につい
て考えてゆくが、しかし、なんだ通路だけか、たかが通路、というほど単純
ではない。
 さて、通路、となると、言うまでも無く、日常清掃の場所でもある。そう
すると、清掃後に、また、巡回として歩くのか、である。そして、巡回は、
午前と午後の一日二回やることになっているとすると、一日3回フルに歩く
事になる。結構疲れるが、考えて見れば、管理室に居ない方が下らぬ用件持
ち込まれない、という面もあるから、もちろん、実行しても構わない。
 ところで、通路は人が歩く。人が歩けばゴミが落ちる。そうすると、清掃
が終わってひとやすみ。そしていよいよ巡回を始めたら、もう、ゴミが落ち
ている、なんてことはふつうのこと。さあどうするか。今は巡回中だ、と割
り切って、ゴミは見なかったことにするか。そう割り切れる人も居るかも知
れない。しかし、得てして、居住者は変なところで気がつくものだ。あの管
理人は、ゴミが落ち居ても知らん顔。本当に掃除しているのか、という話に
なるかも知れない。そこで、気の利いた人は、スーパーのレジ袋かなんか持
って巡回するかも知れない。それはそれで構わないと言いたいが、そうする
と、一日3回清掃するのに等しい。
 しかし、当ブログでは、勿論、そんな事はお勧めしない。理由は簡単なこ
とで、巡回と清掃は別の仕事なのだ。ゴミの有無に注意が向かって、肝心な
問題点を見落としたとしたら、何のための巡回か分からなくなるだろう。巡
回と清掃は、歩くところは同じでも、見るところは違うのだ。

にほんブログ村 住まいブログ マンション管理へ

« 156 基準はリスク | トップページ | 158 管理人の巡回  »

コメント

>>あの管理人は、ゴミが落ち居ても知らん顔。本当に掃除しているのか、という話に
なるかも知れない

なるかも知れない、じゃなくて確実にそうなります。ゴミをまたいで歩いていると言われます。清掃員が別に居ても一緒です。もっと言うと、フロントや技術員でも、管理会社の人間ならみんな一緒だと思います。いくら立派なことを言ってても、目の前のゴミ一つ拾えないようなら、信用できないでしょ?

単純に、ゴミに気がついたら拾う、で良いと思います。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1440548/55546384

この記事へのトラックバック一覧です: 157 巡回の場所:

« 156 基準はリスク | トップページ | 158 管理人の巡回  »