« 101 ゴミから道具 | トップページ | 103 洗剤のこと »

2013年2月 7日 (木)

102 スポンジの活用

さて、拭き掃除は布を使うのが普通と思う。布にもいろいろあるから、拭う
場所によって使い分けるのがやはりベストだろう。ただし、不織布、クロス
なども、管理組合や管理会社が支給してくれるならば、だが。
 それでは、塗装面はどんな布がよいか。
 じつは、布よりも、スポンジをおすすめしたい。管理室に洗濯機があるわ
け無いから、終わった後に手で洗うだけだろうが、そうすると、布は、使う
につれてだんだん黒ずんでゆく。漂白しても、新品時の白さになるかどうか。
黒ずむのは、布の繊維の中に汚れが染み込むからだ。
 さて、塗装面というのは、必ず凹凸がある。塗装面が鏡のようなマンショ
ンなどまず無いだろう。そこを布で拭いてゆくとどうなるのか。拭き始めの
部分の汚れは確かにぬぐえるが、その汚れは、実は次にぬぐう部分にこすり
つけられてゆく。つまり、塗装面のへこんでいる部分をホコリやドロなどが
布から埋め込まれてゆくことになる。
 では、スポンジならどうか。化学繊維のスポンジは、ドロやホコリなどの
よごれを中に取り込むことはない。水で洗えば簡単に落ちる。したがって、
バケツを片手に持ちながらになるが、洗いながらスポンジで拭ってゆけば、
かなり落ちる。もちろん、こびりついている汚れは無理だが、ドロやホコリ
は1日程度でこびりつくものではないから、日常の清掃としてはスポンジで
十分なのである。こびりついている汚れは、別の道具で別の日に洗い落とせ
ば良いのだ。
 スポンジは、もちろん、市販されているが、買う必要は無い。ゴミ?の中
から探せば良いのだ。いすのクッション、布団の下に敷くマットレス、枕、
などに使われている物で十分。まあ、たまにしかでないだろうが、布団の下
用のマットレスなら、豆腐程度の大きさに切り取って使うわけだから、1年
間では使い切れないだろう。引越の時、粗大ゴミなどと一緒に捨てるのでは
ないか。いすのクッションだと、もう少し出てくる可能性は高い。クッショ
ン程度の大きさでも、1年はまかなえるはず。一番良いのは枕用のスポンジ
だが、残念ながら、これはいつでるかわからない。まあ、自宅で捨てるとき
持って行く、という手もなくはないが・・。
 もちろん、スポンジにも、欠点はある。しかし、もともと廃物とされたも
のを利用するのだから、欠点をここで細かくあげつらう意味は無いと思う。
メリットを活かして惜しげも無く、遠慮無く使える、それで十分だろう。
 スポンジの得失を本格的に考えた上で、管理会社なり、管理組合に言って、
それなりの市販スポンジを支給してもらうのもよいが、廃物利用なら、その
手間も、面倒な説明も要らないのだ。そのメリットだけでも十分だろう。 

にほんブログ村 住まいブログ マンション管理へ

« 101 ゴミから道具 | トップページ | 103 洗剤のこと »

コメント

 いつもお役立ち情報をありがとうございます。私は自主管理の分譲マンションの管理人をして8年目になります。管理会社がすることはすべて一人でやっていますので、あれこれ指示される煩わしさはないのですが、清掃に関しては、試行錯誤でやりながら現在に至っています。
 管理人になり初めは、仕事として清掃をすることに、とても抵抗がありました。
 でも、たかが清掃、されど清掃ですよね。
 この仕事につく前は、いくら努力してもなかなか結果には繋がらないことの多い仕事をしていましたので、清掃の仕事は、すぐに結果が目に見えて出てきてくれるので、だんだんハイな気分で清掃できるようになってきました。適度な運動にもなりますし。
 こちらのブログを読ませていただくようになって、とても元気をいただいています。ありがとうございます。

コメントありがとうございます。
過分な評価をしていただいてるようで恐縮です。
どこの管理人も、それなりの工夫、ノウハウを持っていると思いますが、
言葉にしたり、文にして発表するなんてことは意外と難しいし、
その機会もない。それで、何か役にたてば、と思って始めたのです。

こんごもよろしくお願いいたします。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1440548/49241569

この記事へのトラックバック一覧です: 102 スポンジの活用:

« 101 ゴミから道具 | トップページ | 103 洗剤のこと »