« 098 ゴミのこと | トップページ | 100 ゴミ?の活用 »

2013年1月14日 (月)

099 ゴミは語る

ゴミ、には実は重要な意味がある。ゴミは情報、なのである。
 生活すればゴミが出る。つまり、ゴミはその人、その家庭の生活を語る。
だから、そのつもりで時間かけて観察し続ければ、ゴミから、誰が出したか
を推測するのは、ある程度であれ、不可能ではない。その人のゴミ出しのパ
ターンはほぼ一定だからだ。
 ただし、その問題はこれ以上深入りしない。管理人の仕事が探索でないの
は、言うまでも無いだろう。ここで言いたいのは、別の意味での、情報、で
ある。
 例えば、廊下を清掃していたら、塗装の剥がれた破片が落ちていたとしよ
う。外壁はコンクリートに塗装したのなら、外壁の塗装片、とはまず考えら
れない。そこで単純に考えるなら、それは上から落ちてきたはず。というこ
とで上を見ていったら、鉄階段などの金属部分の塗装の劣化による剥離、と
分かった。つまり、塗装片というゴミが、塗装劣化を教えてくれるわけであ
る。はがれるくらいだから、劣化、腐食はそれなりに進行しているかも知れ
ない。しかし、毎日のスケジュールの中では、特に意識して劣化部分の調査
をする余裕は、多分無いだろうし、日常の巡回点検では、やはり限界がある。
そして、それを補ってくれるのが塗装片。建物の側から、劣化があるよ、と
教えてくれるわけだ。
 コーヒーの空き缶、ペットボトル、コンビニなどの袋、タバコの吸い殻等、
それらは全て居住者が捨てていったのではないかも知れないが、しかし、人
のもたらした物であるのは間違いない。それに対して、塗装片、コンクリー
トボード類の破片、ネジやボルト類は、建物からの直接の情報なのである。
 建物からの情報は、いつ誰かが、という犯人捜しではなく、どこがどうな
っているか、である。誰かが何かがぶつかったとしても、どこを壊した、と
いう場所の発見が重要だ。もちろん、誰が、と分かっていれば、対応は必要
になるが。
 まあ、管理人さん、どこそこが壊れているよ、と教えてくれる居住者も必
ず居る。しかし、居住者に言われて初めて知るより、言われる前に発見して
報告する方が、管理人の仕事ぶりをアピールする上で有利なのは当然だ。ゴ
ミ、もおろそかにしてはいけないのだ。
 すなわち、清掃というのは、情報収集作業でもあるのだ。管理人の清掃は、
ぴかぴかに磨き上げるのがの目的ではない、というのは、そういう意味であ
る。何が落ちているのか、である。汚れも同様。汚れの原因が分からないと、
最適な汚れ落としの方法が分からないのは当然としても、この汚れは何を意
味しているのか、を考えるのが管理人の清掃なのである。

にほんブログ村 住まいブログ マンション管理へ

« 098 ゴミのこと | トップページ | 100 ゴミ?の活用 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1440548/48746902

この記事へのトラックバック一覧です: 099 ゴミは語る:

« 098 ゴミのこと | トップページ | 100 ゴミ?の活用 »