« 084 マンションの3要素 | トップページ | 086 管理人と管理員 »

2012年9月28日 (金)

085 3要素の意味

マンションの三要素だが、念のため、人、についてもう少し述べておきたい。
 居住者応対、というと、トラブルや苦情対応の問題をを考えてしまうかも
知れない。その問題は後ほど詳しく触れるが、今ここで考えているのは、一
般的な応対、つまり入退去届け以下各種の書類手続き、問い合わせの応対と
いう事務的なことだ。すなわち、マンションでの生活には、戸建てにはない
余分な事務が必要になる、と言うことなのである。集会室の利用でも、たぶ
ん事前に書面による届け、あるいは申し込みが必要のはずだ。
 マンションとは、事務、事務連絡がきわめて重要な住居なのだが、災害時
でもない限り、なかなか重要性は理解されないかもしれない。
 事務が重要なのは、言うまでもなく、管理組合という組織があるからだ。
事務の重要性が理解されていないのは、管理組合というものが理解されてい
ないから、と言ってもよい。
 ともかく、事務は管理組合の業務。ただし、管理会社が代行するのが普通
だから、担当者の仕事になるが、現場の窓口と言うことなら、管理会社が手
配した管理人の仕事になるのは、まあ、当然といえば当然かもしれない。
 すなわち、マンションの三要素とは、建物、生活、事務、と言う言い方の
方が正確かも知れない。
 もう一度繰り返せば、人、というのは、事務を必要とする。人が集まれば、
もちろん、トラブルも起きるが、それはマンションのみのものではない。会
社でも日常的だし、駅でもスーパーでも公園でも、人が集まればどこでもト
ラブルがあり得る。マンションの代名詞はトラブルではない。
 そして、その前提に基づいて、重要なことを確認しておきたい。それは、
管理人は管理室に居なくても良い、と言うことである。
 例えば、当ブログが前提として考えている中規模マンションでは、管理会
社、管理組合からの文書配布を含めても、毎日はないだろう。とすれば、3
要素の共通点として、管理人が管理室に常勤、常駐する必要性はないことを
示していると言ってよい。清掃や巡回が終われば帰ってもよいだろう。清掃
パートさんは、どこでもそういう勤務形態だ。事務、たとえばいつ居住者が
書類を持ってくるかわからないとしても、届け出書類は、管理人を通さずに
直接管理会社に郵送したり、管理組合のポストに入れて何の差し支えもない。
問い合わせ先の電話番号、水漏れなどの時の緊急対応業者の電話番号なども、
たぶん張り出してあると思う。そうしておかないと、管理人の居ない休日や
夜間の水漏れに対応できない。
 すなわち、マンション管理、マンション生活の前提は、管理人が常に管理
室に居ることではない。
 それでいて、管理室に管理人が居るのが普通なのは、だれもが、理屈抜き
にそう思い込んでいる結果でもあろうし、炎天下や寒風下の作業よりは、エ
アコンの効いた管理室にいたい、という管理人の希望があるからに過ぎない。
現実と、あるべきの論は、やはり区別すべきだと思う。

にほんブログ村 住まいブログ マンション管理へ

« 084 マンションの3要素 | トップページ | 086 管理人と管理員 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1440548/47238829

この記事へのトラックバック一覧です: 085 3要素の意味:

« 084 マンションの3要素 | トップページ | 086 管理人と管理員 »