« 079 管理は30年後 | トップページ | 081 居住年数と築年数 »

2012年8月21日 (火)

080 居住30年の意味

居住年数30年、の意味について、もう少し触れておきたい。
30年間住んでいれば、当ブログが前提としている60世帯前後の規模だと、
かなりの世帯が管理組合の役員を経験している、と思われる。理事長を複数
回経験した人もいるかも知れない。できるだけ多くの世帯が管理組合の役員
を経験すること、これが基本なのだ。
 理事会や総会ですったもんだする。ほかの居住者とも接触、折衝しなけれ
ばならない。ドアを閉めれば自分だけのプライベートな空間、というのは、
パンフレットの中でのフィクションだ。
 たぶん、新築分譲当時は、仕事、子育て、ローンに追われていて、管理組
合の活動まで手が回らないだろう。また、最初の大規模修繕までは、地震な
どの被害がなければ、建物にもまだ大きな問題は発生していないと思う。つ
まり、管理組合の活動が必要になるのは、早くても築10年以後であろう。
そういう意味では、新しいうちは、時間的余裕があるとも言える。しかし、
いつかは始めなければならなくなる。そして、嫌々ながらだが、管理組合の
活動も経験せざるを得ない。そしてそこで、だれが熱心な人、無関心な人、
が分かってゆく。これも大事なことだ。つまり、すべての面でも、居住年数
は大きな意味を持っているのだ。
 管理組合というものは、マンション管理のための組織だから、単に住む年
数のことではなく、管理組合の役員経験があるのかどうか、が居住年数の本
当の意味なのだ。管理、と言うことに関わらなければ分からないことはいく
らもある。管理組合の役員になることによって、いやでも関わらざるを得な
くなって、少しずつ知識が身についてゆくのだ。年月が必要なのは当然であ
ろう。
 そして、居住年数30年以上、はもう一つの重要なことを示している。す
なわち、30年以上、が可能なのは、居住者のみ、と言う現実だ。同じ人が
30年管理人として勤務することはあり得ない。同じ管理会社が30年以上
管理することも不可能。
 まず、管理会社が存続しているかどうか分からない。また、管理会社の経
営方針が30年間不変などということも無い。管理会社も営利企業だ。不変、
にこだわっていたら、とっくにつぶれているはずだ。もちろん、管理会社の
担当も同様。3年程度で交代するなら、今の担当は何人目の人か。それを考
えれば、不変、なんて空論であることが分かるはず。会社名は同じでも、中
身は別会社に変わってゆくと思うべきだ。
 そしてそれらの事実は、マンション管理というものは、マンション居住者
自身の責任であり、居住者でなければ、担えない、と言うことを示している。
 そして、そのようなことは、実は30年以上、という年数を経験してみな
いと分からない。最初に説明しても、実感として理解できないとおもう。
しかし、一言で言えば、マンションとはそういう住居なのだ。

にほんブログ村 住まいブログ マンション管理へ

« 079 管理は30年後 | トップページ | 081 居住年数と築年数 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1440548/46768904

この記事へのトラックバック一覧です: 080 居住30年の意味:

« 079 管理は30年後 | トップページ | 081 居住年数と築年数 »