« 073 管理は買えるか | トップページ | 075 管理費の意味 »

2012年7月 7日 (土)

074 義務を買わされる

もうひとつ言いたいのは、マンションを買うときに管理会社の選択権がな
いということだ。だから、買え、ではなく、買わされる、と言うべきであろ
う。
 管理室の構造は変えられないから、管理のレベルも変えようがない。つま
り、管理費は売り手の言いなりの値段で買うしかない。だからこそ、買う、
そして、金額の問題と勘違いさせることになるのだ。ただし言いなりで、ど
んなに値上げされても払い続ける用意があるなら、話は別だ。そういう人で
なければ、買う、という言葉を使うと間違える、と言っておきたい。
 それはともかく、普通の意味では、買う、というのは値段の問題、つまり、
高いか安いか、になる。それがおかしいと言っておきたい。別の言い方をす
れば、管理費というものは、安ければ安いほどよいのか、だ。ゼロ、が理想
なのか。そんな虫のいい話は通らないだろう。管理会社に頼むのを辞めれば
管理費が浮く、と考える人はそれなりにいるかも知れないが、早とちりに過
ぎない。いわゆる自主管理でも、事務経費は必要だ。つまり管理費というの
は、絶体にゼロには出来ない。
 すなわち、高いか安いか、と言う話になるのは、実は、居住者の収入が少
ないからなのだ。管理費の金額が同じとしても、いわゆる大企業の役員の人
と、年金生活者では、重さが異なる。そして、どの居住者でも、最後は年金
生活者になる。そして、自分がそうなったとき、年金額は満額なのか、財政
逼迫でカットされるのか、誰も分からない。
 管理費は住んでいる限り、永久だ。買う、というような、一時的なことで
はない。じつは、管理費を終身支払う義務を買う、のだ。そのようにきちん
と言うなら勘違いはされないだろう。
 ともかく、管理費が高い安い、と言う話が出て来るのは、居住者の収入が
減り始めているからだ。従って、高い、と言う声が多くなるなら、それは居
住者の生活レベルが下がっていることを示している。そしてそれは、マンシ
ョンの維持にも影を落としてゆく。
 したがって、管理費の金額の問題は、自分にとってであるよりも、既に住
んでいる人たちが、どのくらいの割合でどう感じているか、が問題なのだ。
極論まで誇張するなら、自分は払えても、ほかの全居住者が管理費滞納なら、
マンション管理は成り立たない。
 ポイントは、実は自分の問題ではなく、他の居住者の生活レベルの問題な
のだ。管理を買う、という不正確な言葉では、肝心なそういうことが見えな
くなる、と言っておきたい。もっと言えば、管理を買う、のは、他の居住者
との交渉義務も買わされることなのだ。論者がそこまで言うかどうか。

にほんブログ村 住まいブログ マンション管理へ

« 073 管理は買えるか | トップページ | 075 管理費の意味 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1440548/46228372

この記事へのトラックバック一覧です: 074 義務を買わされる:

« 073 管理は買えるか | トップページ | 075 管理費の意味 »