« 052 公私、のまとめ | トップページ | 054 当ブログの立場 »

2012年1月28日 (土)

053 規模のこと

 管理人が管理室で一番先にすることは、もちろん引き継ぎであろう。という
ことで、次に、引き継ぎについて考えてゆくが、その前に、もう一度、考える
前提について確認しておきたい。

 すなわち、一口にマンションというが、50階建て1000世帯のものと、
5階建て20世帯とでは、立地、構造、設備、管理形態、配置人数、全て異な
り、共通点は無いと考える方が現実的だろう。居住者についても、1000世
帯となると、特徴を一口に言うのは不可能だと思う。
 従って、本ブログでの前提を言うと、まず、管理人は一人勤務ということ。
管理人は一人だが、清掃担当者が別にに配置されている、という現場も含む。
勤務時間が変形のため、配置は複数だが、交代制で、管理人としては常に一人
勤務という現場もある。
 一人勤務と言うことは規模としても中規模以下となる。新築マンションは全
てタワーではないから、中低層階タイプもあるわけだが、建築年代によって、
セキュリティ関係はかなり異なる。つまり、建築年代が古いと、いわゆるオー
トロックなどはないかも知れない。セキュリティについて論じる予定は無いが、
新築ではなく、築10年以上を想定している。やはり、10年は住んでいない
と、問題も変化もつかみにくいと思うからだ。
 別な基準で言えば、管理人が、居住者の名前と号室を全部把握できるか、で
ある。当然限度はあるだろう。つまり、把握できる規模、というのが前提なの
である。もちろん、完全には無理だが、世帯主夫婦は把握している、という程
度は基準にしたい。
 その意味では、50階建てなどは、マンションではない。正確に言えば、マ
ンションという規模ではない。もちろん、タワーには考えるべき問題はいくら
でもあるだろう。しかし、本ブログでは対象外、ということだ。
 マンションというものの将来を考えるとき、最終的には中低層に回帰すると
思う。タワーでは、いずれ手に負えなくなる。住み続ける、というのは、実は、
とても大変なことなのだから。マンションの劣化、居住者の生活の変化、災害、
そのときタワーはどうなのか。そういうことが明らかになるのは100年後か
も知れない。しかし、そういうことを乗り越えないと、マンションというもの
は定着しないだろう。マンション、というものが本当に定着するのは300年
後でも良いのだ。そういう考え方も、本ブログのそこに流れている前提、と付
け加えておきたい。 

« 052 公私、のまとめ | トップページ | 054 当ブログの立場 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1440548/43897734

この記事へのトラックバック一覧です: 053 規模のこと:

« 052 公私、のまとめ | トップページ | 054 当ブログの立場 »