« 047 貼り紙 | トップページ | 049 私物の意味 »

2011年12月21日 (水)

048 私物の場所 

 管理室は物置ではない。しかし、様々な道具や書類はあるし、年々増えてゆ
くのに、管理室の重要性を設計者がどこまで理解しているか疑わしい。そ
れは、最低限のスペースしかないことで分かる。或いは面積としてはあっても、
ウナギの寝床だったり、入り口の場所が悪くてが使いにくいかも知れない。
 それでも、ロッカーや机はあるだろう。それでは、書類キャビネットはどう
か。置くスペースがあるなら、いや、無かったら無理にでもスペースを作り、
管理会社、管理組合に言ってすぐ置いてもらうべきだ。マンションがある限り、
議事録以下書類は増える一方。まだ余裕ある、というときに入れるのが本来だ。
なぜなら、後になればなるほど、片付けが大変になるからだ。書類は、つくえ
のひきだしではなく、キャビネットにまとめて、引き出しは空けるべきだ。
 つまり、本当の目的は、管理人の私物を入れる場所の確保なのだ。ロッカー
一つでは狭すぎる。管理会社、管理組合も私物の置き場所については考えたこ
ともないだろうが、こういう配慮が、管理人業務の効率に響くことは、堂々と
伝えねばならない。
 例えばシャツ。夏はマンションに着いたら、つまり、出勤だけでかなりの汗、
ということが有り得る。そのときは誰でも着替えたいはずだ。着替えてさっぱ
りしてから仕事を始めるのと、汗まみれのまま始める、居住者と応対するのと
では、どちらがよいか、どちらの印象が良いのか、言うまでも無いことだ。あ
るいは、雨に濡れた、水にぬれだ、引っかかって破れた。そういうときもある。
外出中、と表示して着替えのシャツを買いに行けばよいのか。着替えを入れて
おく場所は必要なのだ。
 さらに、事務用品、道具類も同様。それらは管理組合または管理会社が支給
するはずだが、手続きが面倒というので、自腹で買ったモノは、厳密には私物に
なる。左手用の鎌まで用意してくれないだろう。まあ、辞めるときは置いてゆ
くつもりなら、別にこだわらなくて良いが。
 管理室の拡張は不可能だろう。ならば、置き方、しまい方を工夫するしかな
い。このスペース、この配置では動きにくいし、これでは良い仕事は出来ない、
とハッキリ言わねばならない。改善してくれるかどうか、ではなく、まず言わ
ねばならないのだ。言っても無駄、ということであろうが、それは言わなくて
良いうことにはならない。
 たかが私物。しかし、私物と管理組合の所有物と管理会社の備品がきれいに
区別出来るのかどうか。管理会社と管理組合の管理レベルはそれでわかる。
じつは、私物だからこそ、きちんと別におけるスペースが必要なのだ。区分け
できなければ、公私混同だってむしろ当たり前になるかも知れない。まあ、そ
のほうが、一面では楽だし、やりやりすこともたしかなのだが・・。

« 047 貼り紙 | トップページ | 049 私物の意味 »

コメント

管理人って、孤独な仕事で気楽でいいんだけど、その分、公私混同が多くなってしまいます。今回の「私物」のお話。けっこう、個人的には考えさせられる問題です。

管理室内も大掃除できちんと片付けようと思ってますが、今週もなにかと工事が立て込んでいて、掃除する時間がないのが残念です。

では、お元気で、よいお年を。

コメントありがとうございます。
もう少し考えて見ます。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1440548/43454132

この記事へのトラックバック一覧です: 048 私物の場所 :

« 047 貼り紙 | トップページ | 049 私物の意味 »