« 011 災害時・・・ | トップページ | 013 管理人か個人か・・ »

2011年3月21日 (月)

012 災害と管理人

   東日本大震災でなくなられた方のご冥福を祈り申し上げます。
   支援として出来ることも、もう少し時間が経過すればより見えてくると思います。



 東日本大震災で多くの方が亡くなり、助かった方も厳しい生活を強いられて
いること、そして多くの建物が被災したことを承知の上で第三者的に述べるの
は心苦しいが、災害は様々なことを考えさせる。例えば、管理人はあまりにも
無力であること、そしてそうだとすれば、マンションには管理人は本当に必要
なのか、ということも考えざるを得ない。無人管理のマンションもあることは、
必ずしも必要ではないことを示す、と言っても良いのだが、もう少しきちんと
考えてみたい。
 もっとも単純明快な勤務時間で考えてみよう。日勤の場合、勤務は8時間。
休憩の1時間を加えても一日24時間の3分の1強にすぎない。そして、土日
祝日年末年始は休み、と数えてゆくと、不在の時間が断然多い。また、勤務時
間中も、常に管理室にいるとはいえない。
 災害は、管理人の勤務時間中に起きるとは限らない以上、法的に防災センタ
ー設置の義務のない規模、構造のマンションでは、管理人が居ても居なくても
おなじことなのだ。念のために言えば、防災センターには24時間人がいるが、
それは管理人が24時間勤務という意味ではない。夜間は警備員のみ、が普通
だ。そして、住み込み管理人も、災害対策のための制度とは言えない以上、日
勤と同じに考えるべきだ。 
 例えば、勤務時間が終了して管理人が帰った後で災害が起きた場合がわかり
やすいが、管理人が何かの役割を果たすことはない。それどころか、翌日は出
勤できないかもしれず、そうなると管理人が何も出来ない日が続く。しかし、
それがまさにマンションのマンションたる所以だが、そのことを居住者が納得
するかどうか。
 正確に言えば、危機管理は居住者が100%自分の責任で行うことなのだが、
そういう自覚は可能なのかどうか、である。別な言い方をすると、なまじっか
管理人が配置されているために、実は管理人が居ないときの方が多いことを忘
れてしまうのではないか、なのだ。それどころか、災害対応も管理人の責任、
と勘違いする可能性が高い。したがって、災害対応に限って最終的なことまで
言うなら、24時間勤務でない限り、管理人は居ない方が良い、要するに選択
は24か0のふたつにひとつしかないと思う。
 もちろん、だれでも24勤務が出来るわけではない。大前提として、災害対
応が出来る管理人でなければ意味がないのは言うまでも無いこと。したがって、
実現のためには様々な問題を解決しなければならない。もちろん、全てのマン
ションで可能とは言えない。また、実行すると管理費もそれなりになるだろう。
そこまで居住者が望むのかどうか。
 もう一つ忘れてはならないのは、災害対応は日常業務ではないこと。つまり、
滅多にないからではなく、もともとマンション管理人業務ではないことだ。こ
の前提をわすれると、何が問題なのか分からなくなる。

« 011 災害時・・・ | トップページ | 013 管理人か個人か・・ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1440548/39306662

この記事へのトラックバック一覧です: 012 災害と管理人:

« 011 災害時・・・ | トップページ | 013 管理人か個人か・・ »